面白くて元気が出る!笑える小説おすすめ3選【ほんタメ 齋藤明里】

面白くて元気が出る!おすすめの笑える小説3選【ほんタメ 齋藤明里】 あかりんオススメ

小説を1000冊読んだ齋藤明里さんによる『笑える小説おすすめ3選』の紹介です。

あかりん
あかりん

今日は、「ウフフ…」ってなっちゃう本を持ってきました♪

今回の動画

ほんタメ『小説から摂取できる笑いがあります(2022/12/28)』

\チャンネル登録して応援しよう!/

『ネネコさんの動物写真館』角野栄子 / ポプラ社

「きみって無添加手づくり石けんみたい」と恋人にふられてしまったネネコさんは、亡くなった母親がのこした下町の動物写真館で働く二十九歳。自分のキリンを撮ってほしいという子ども、おそろいの髪型で記念撮影するおばあちゃんと孫と犬、広告用に“ときめく写真”を依頼する会社など、訪れる様々なお客さんと、ネネコさんの物語。
著者の生まれた下町の思い出を綴った書き下ろしエッセイ「私の深川」収録。

あかりん
あかりん

ほっこり!え!素敵!ウフフ…ってなっちゃう系♪

『妄想科学小説』赤瀬川原平 / 河出書房新社

連続自殺未遂犯に死刑判決が下る「人殺し」をはじめ、抱腹絶倒のショートショート集35連発。76~79年の連載を遂に単行本化

あかりん
あかりん

現代アート好きにもおすすめ♪

著:赤瀬川 原平
¥3,320 (2024/04/23 03:07時点 | Amazon調べ)

『独創短編シリーズ 野﨑まど劇場』著者:野﨑まど、イラスト:森井しづき / KADOKAWA

「電撃文庫MAGAZINE」 連載のユニークすぎる短編が待望の(?)文庫化。著者:野崎まどの謎センスが電撃文庫で大暴れする! 死体を探しに行く検死官、勇者を何とかしたい魔王、若頭、サンダーファルコン、ビームサーベル、ライオン、喋る牛、電撃文庫の妖精など、変態的キャラクター(?)たちが繰り広げる抱腹絶倒の物語の数々をお届け! この本を許せた時、君はひとつ大人になる ──。

あかりん
あかりん

全部ふざけてる!それがマジで成立してるのがこの本♪

タイトルとURLをコピーしました