夏に読んでほしい!おすすめのホラー小説3選【ほんタメ 齋藤明里】

夏に読んでほしい!おすすめのホラー小説3選【ほんタメ 齋藤明里】 あかりんオススメ

小説を1000冊読んだ齋藤明里さんによる『ホラー小説おすすめ3選』の紹介です。

あかりん
あかりん

ホラー読みたいなって思ってても、手を出しづらい人のために3つご紹介したいと思います♪

今回の動画

ほんタメ『この夏に読んでほしいホラー小説3選【ゾクゾクするやつ】(2022/08/10)』

\チャンネル登録して応援しよう!/

『夜市』恒川光太郎 / KADOKAWA

妖怪たちが様々な品物を売る不思議な市場「夜市」。ここでは望むものが何でも手に入る。小学生の時に夜市に迷い込んだ裕司は、自分の弟と引き換えに「野球の才能」を買った。野球部のヒーローとして成長した裕司だったが、弟を売ったことに罪悪感を抱き続けてきた。そして今夜、弟を買い戻すため、裕司は再び夜市を訪れた――。奇跡的な美しさに満ちた感動のエンディング! 魂を揺さぶる、日本ホラー小説大賞受賞作。

あかりん
あかりん

子供の頃に感じたことのある「異世界に迷い込んで帰れなくなっちゃうんじゃないか?」というジワジワとした怖さが溢れている♪

著:恒川 光太郎
¥495 (2024/03/25 10:42時点 | Amazon調べ)

『夜市』はAudible(Amazonの聞く読書)の聞き放題の対象になっています

\今なら30日間のお試し期間付き!/

『よもつひらさか』今邑彩 / 集英社

死者と語り、冥界に臨む“黄泉比良坂”。古事記にも登場するこの世とあの世の境目にある坂の不気味な言い伝えとは…。奇妙な味わいに満ちた全12篇を集めた戦慄のホラー短篇集。 (解説・小梛治宣)

あかりん
あかりん

『世にも奇妙な物語』のようなゾッとするお話が好きな人は、すごく好きだと思う♪

集英社
¥803 (2024/03/25 10:42時点 | Amazon調べ)

『ぼぎわんが、来る』澤村伊智 / KADOKAWA

幸せな新婚生活を営んでいた田原秀樹の会社に、とある来訪者があった。取り次いだ後輩の伝言に戦慄する。それは生誕を目前にした娘・知紗の名前であった。正体不明の噛み傷を負った後輩は、入院先で憔悴してゆく。その後も秀樹の周囲に不審な電話やメールが届く。一連の怪異は、亡き祖父が恐れていた“ぼぎわん”という化け物の仕業なのだろうか? 愛する家族を守るため秀樹は伝手をたどり、比嘉真琴という女性霊媒師に出会う。真琴は田原家に通いはじめるが、迫り来る存在が極めて凶暴なものだと知る。はたして“ぼぎわん”の魔の手から、逃れることはできるのか……。怪談・都市伝説・民俗学――さまざまな要素を孕んだ空前絶後のノンストップ・ホラー!!

あかりん
あかりん

化け物に襲われる怖さと、人の怖さ。色んなドキドキが一冊で味わえる作品♪

『ぼぎわんが、来る』はAudible(Amazonの聞く読書)の聞き放題の対象になっています

\今なら30日間のお試し期間付き!/
タイトルとURLをコピーしました