建築トリックがすごい!館ものミステリー小説おすすめ3選(綾辻行人・周木律・島田荘司)

建築トリックがすごい!おすすめの館ものミステリー小説3選【ほんタメ ヨビノリたくみ】 たくみさんオススメ

ミステリーを1000冊読んだヨビノリたくみさんによる『館ものミステリーおすすめ3選』の紹介です。

館ものミステリーおすすめ3選

たくみさん
たくみさん

特殊な建造物が出てくるミステリーで、とくに建造物に重点を置いたようなお話を集めました!

あかりん
あかりん

洋館とか行ってみたい♪

たくみさん
たくみさん

洋館には行きたいんだよ!でも、ミステリーだからね…笑

時計館の殺人

著者出版社
綾辻行人講談社
たくみさん
たくみさん

犯人やトリックなどの情報をが明示され、読者も謎解きにチャレンジできる。無理だけどねっ!

あらすじ

鎌倉の外れに建つ謎の館、時計館。角島(つのじま)・十角館の惨劇を知る江南孝明(かわみなみたかあき)は、オカルト雑誌の“取材班”の一員としてこの館を訪れる。館に棲むという少女の亡霊と接触した交霊会の夜、忽然と姿を消す美貌の霊能者。閉ざされた館内ではそして、恐るべき殺人劇の幕が上がる! 不朽の名作、満を持しての新装改訂版。(講談社文庫)

購入方法

著:綾辻行人
¥1,320 (2024/05/14 02:41時点 | Amazon調べ)

眼球堂の殺人 ~The Book~

著者出版社
周木律講談社
たくみさん
たくみさん

今まで見た館モノ・建築トリックの中で、一番壮大!

あらすじ

新たな理系&館ミステリ。シリーズ第一作神の書、“The Book”を探し求める者、放浪の数学者・十和田只人(とわだただひと)がジャーナリスト・陸奥藍子と訪れたのは、狂気の天才建築学者・驫木煬(とどろきよう)の巨大にして奇怪な邸宅“眼球堂”だった。二人と共に招かれた各界の天才たちを次々と事件と謎が見舞う。密室、館、メフィスト賞受賞作にして「堂」シリーズ第一作となった傑作本格ミステリ!

購入方法

『眼球堂の殺人 ~The Book~』はこちらの記事でも紹介してます!
↓↓↓

おすすめ 数学 ミステリー

斜め屋敷の犯罪

著者出版社
島田荘司講談社
たくみさん
たくみさん

警察が設計図のわからない箇所を聞いてくれるから、読者にも分かりやすい!

あらすじ

北海道の最北端・宗谷岬に傾いて建つ館――通称「斜め屋敷」。雪降る聖夜にこの奇妙な館でパーティが開かれたが、翌日、密室状態の部屋で招待客の死体が発見された。人々が恐慌を来す中、さらに続く惨劇。御手洗潔は謎をどう解くのか!? 日本ミステリー界を変えた傑作が、大幅加筆の改訂完全版となって登場!

購入方法

著:島田荘司
¥880 (2024/05/21 02:31時点 | Amazon調べ)

今回の動画

\チャンネル登録して応援しよう!/
タイトルとURLをコピーしました