ついつい徹夜で一気読みしちゃう♪長編小説おすすめ3選【ほんタメ 齋藤明里】

ついつい徹夜で一気読みしちゃう♪おすすめの長編小説3選【ほんタメ 齋藤明里】 あかりんオススメ

小説を1000冊読んだ齋藤明里さんによる『長編小説おすすめ3選』の紹介です。

あかりん
あかりん

全部400ページ越えの長編小説の中で、一回読みだしたら止まらないなという本をご紹介したいです♪

たくみさん
たくみさん

あぶないですよ、じゃあ。閲覧注意!

今回の動画

ほんタメ『徹夜で読みたい小説3選【閲覧注意!?】(2023/02/15)』

\チャンネル登録して応援しよう!/

『熱源』川越宗一 / 文藝春秋

樺太(サハリン)で生まれたアイヌ、ヤヨマネクフ。開拓使たちに故郷を奪われ、集団移住を強いられたのち、天然痘やコレラの流行で妻や多くの友人たちを亡くした彼は、やがて山辺安之助と名前を変え、ふたたび樺太に戻ることを志す。一方、ブロニスワフ・ピウスツキは、リトアニアに生まれた。ロシアの強烈な同化政策により母語であるポーランド語を話すことも許されなかった彼は、皇帝の暗殺計画に巻き込まれ、苦役囚として樺太に送られる。日本人にされそうになったアイヌと、ロシア人にされそうになったポーランド人。文明を押し付けられ、それによってアイデンティティを揺るがされた経験を持つ二人が、樺太で出会い、自らが守り継ぎたいものの正体に辿り着く。

あかりん
あかりん

432ページ。重めの小説だけど、一回読みだしたら止まらない♪

著:川越 宗一
¥880 (2024/04/27 20:43時点 | Amazon調べ)

『熱源』はAudible(Amazonの聞く読書)の聞き放題の対象になっています

\今なら30日間のお試し期間付き!/

『逃亡者』中村文則 / 幻冬舎

不慮の死を遂げた恋人と自分を結ぶトランペットを持ち、逃亡するジャーナリストの山峰。彼が偏愛するそれは、第二次大戦中のある作戦で伝説となり、〝悪魔の楽器〟と呼ばれていた。ゆえに欲する者達が世界中にいるという。その中の一人、〝B〟。正体も狙いも不穏な男。突如始まった逃亡の日々で、山峰はこの世界の理不尽な真実を突きつけられる……。

あかりん
あかりん

500ページ。謎が謎を呼ぶ形式で気づけば読み終えて、朝になってる♪

著:中村 文則
¥957 (2024/04/27 20:43時点 | Amazon調べ)

『じんかん』今村翔吾 / 講談社

戦国時代の三悪人の一人として名高い松永久秀。その生涯を、絶望的貧困から立ち上がり、一国の城主として大成、さらに最後、織田信長に攻められ自害するまであまさず余さず描く。『童の神』で直木賞候補となった今最も勢いのある若手歴史作家による、圧巻の戦国巨編!

あかりん
あかりん

514ページ。あかりんが時代小説にハマるきっかけになった作品♪

著:今村翔吾
¥1,980 (2024/03/25 21:15時点 | Amazon調べ)

『じんかん』はAudible(Amazonの聞く読書)の聞き放題の対象になっています

\今なら30日間のお試し期間付き!/
タイトルとURLをコピーしました