ディストピアとは?解説とディストピア小説おすすめ3選を紹介♪【ほんタメ】

こんな近未来は嫌だ!おすすめのディストピア小説3選【ほんタメ 齋藤明里】 あかりんオススメ

小説を1000冊読んだ齋藤明里さんによる『ディストピア小説おすすめ3選』の紹介です。

今回の動画

ほんタメ『絶対読みたくなるディストピア3選(2021/10/02)』

\チャンネル登録して応援しよう!/

ディストピア小説おすすめ3選

あかりん
あかりん

「ディストピア」とは?

「ユートピア(理想郷)」の逆ということ。現代の問題点が未解決のまま近未来になってしまったら、こうなるんじゃないか?という未来のお話。

殺人出産

著者出版社
村田沙耶香講談社
あかりん
あかりん

命とはなんぞやとか人間関係の正しさとか、そういう価値観を揺さぶってくれる♪

あらすじ

「産み人」となり、10人産めば、1人殺してもいい──。そんな「殺人出産制度」が認められた世界では、「産み人」は命を作る尊い存在として崇められていた。育子の職場でも、またひとり「産み人」となり、人々の賞賛を浴びていた。素晴らしい行為をたたえながらも、どこか複雑な思いを抱く育子。それは、彼女が抱える、人には言えないある秘密のせいなのかもしれない……。

購入方法

著:村田沙耶香
¥660 (2024/05/20 05:49時点 | Amazon調べ)

ハーモニー

著者出版社
伊藤計劃早川書房
あかりん
あかりん

「病気で人が死ななくなった世界」で餓死することを選択した彼女たちが、どういう未来を進んでいくかっていうお話♪

あらすじ

〈ベストセラー『虐殺器官』の著者による“最後”のオリジナル作品〉
これは、“人類”の最終局面に立ち会ったふたりの女性の物語——急逝した著者がユートピアの臨界点を活写した日本SF大賞受賞作

購入方法

著:伊藤 計劃
¥713 (2024/05/01 06:25時点 | Amazon調べ)
『ハーモニー』はこちらの記事でも紹介してます♪

るん(笑)

著者出版社
酉島伝法集英社
あかりん
あかりん

たくみさんみたいに理系の人こそ、読んだらパニックになっちゃうんじゃないかな♪

あらすじ

スピリチュアルと科学が逆転した、心の絆が生み出すユートピア・ニッポン! 結婚式場に勤める土屋は、38度の熱が続いていた。解熱剤を飲もうとすると妻の真弓に「免疫力の気持ち、なぜ考えてあげない」と責められる。……「三十八度通り」 平熱は38度で、病気の原因はクスリを飲むこと。お祈りですべての病気を治す世界で繰り広げられる、誰もが幸せなディストピア。『皆勤の徒』『宿借りの星』で日本SF大賞を2度受賞した期待の星による、連作小説集。

購入方法

著:酉島伝法
¥1,980 (2023/09/18 13:18時点 | Amazon調べ)
タイトルとURLをコピーしました