カッコいい殺し屋が登場する小説おすすめ3選(村上春樹/伊坂幸太郎/成田良悟)

カッコいい殺し屋が登場する小説おすすめ3選(村上春樹/伊坂幸太郎/成田良悟) あかりんオススメ

小説を1000冊読んだ齋藤明里さんによる『殺し屋小説おすすめ3選』の紹介です。

殺し屋小説おすすめ3選

あかりん
あかりん

美学がある殺し屋はかっこいい~♪

1Q84

著者出版社
村上春樹新潮社
あかりん
あかりん

女性の殺し屋ってかっこいいなと思って入れてみました♪

内容紹介

1Q84年――私はこの新しい世界をそのように呼ぶことにしよう、青豆はそう決めた。Qはquestion markのQだ。疑問を背負ったもの。彼女は歩きながら一人で肯いた。好もうが好むまいが、私は今この「1Q84年」に身を置いている。私の知っていた1984年はもうどこにも存在しない。……ヤナーチェックの『シンフォニエッタ』に導かれ、主人公青豆と天吾の不思議な物語がはじまる。

購入方法

グラスホッパー

著者出版社
伊坂幸太郎KADOKAWA
あかりん
あかりん

出てくる殺し屋がみんなカッコいい♪

内容紹介

「復讐を横取りされた。嘘?」元教師の鈴木は、妻を殺した男が車に轢かれる瞬間を目撃する。どうやら「押し屋」と呼ばれる殺し屋の仕業らしい。鈴木は正体を探るため、彼の後を追う。一方、自殺専門の殺し屋・鯨、ナイフ使いの若者・蝉も「押し屋」を追い始める。それぞれの思惑のもとにー「鈴木」「鯨」「蝉」、三人の思いが交錯するとき、物語は唸りをあげて動き出す。疾走感溢れる筆致で綴られた、分類不能の「殺し屋」小説

購入方法

著:伊坂 幸太郎
¥636 (2024/05/15 19:54時点 | Amazon調べ)

バッカーノ!The Rolling Bootlegs

著者出版社
成田良悟KADOKAWA
あかりん
あかりん

殺し屋の通り名がオシャレ♪

内容紹介

禁酒法時代、ニューヨーク。 裏組織“カモッラ”は重要な儀式を数日後に控えていた。 泥棒カップルはグランド・セントラル・ステーションに着いたばかりだった。 マフィアの三兄弟はちょっとした問題を抱えていた。 チンピラの少年は思い通りにならない現実にムカついていた。 職務に忠実な警部補はそんな彼らを疎ましく思っていた。 そして、錬金術師の野望は200年を経て、未だついえる事はなかった。 彼らはまだ互いに関わりの無い者同士であった。このマンハッタンに“不死の酒”が蘇るまではーー。

購入方法

著:成田 良悟, イラスト:エナミ カツミ
¥614 (2024/05/15 19:54時点 | Amazon調べ)

今回の動画

\チャンネル登録して応援しよう!/
タイトルとURLをコピーしました