小説家が書いたエッセイ本おすすめ6選【ほんタメ ヨビノリたくみ 齋藤明里】

小説家が書いたエッセイ本おすすめ6選【ほんタメ ヨビノリたくみ 齋藤明里 】 あかりんオススメ

ミステリーマニアのヨビノリたくみさんと読書オタクの齋藤明里さんによる『小説家が書いたエッセイ本おすすめ6選』の紹介です。

あかりん
あかりん

作家さんのエッセイ読むってことは、その作家さん好きじゃないとなかなか読まないですもんね?

たくみさん
たくみさん

少なくとも、その作家さんの本を5冊以上は読んでいる!

今回の動画

ほんタメ『好きなエッセイ本6選(2022/03/16)』

\チャンネル登録して応援しよう!/

『わるい食べもの』千早茜 / ホーム社

アフリカで体験した衝撃的な「ウニ」の記憶、表参道のお洒落カフェで身体にいいメニューを試したら「鳥のエサ」になった話など、「食」をテーマに幼少期の記憶から創作の裏側、世の中への疑問まで、多彩にそしてちょっぴり偏屈につづる初のエッセイ集。「いい食べもの」の情報が氾濫する今だからこそ、「わるい」を追求することで食の奥深さを味わい、ひいては生き方そのものを問う意欲作。

あかりん
あかりん

千早さんご本人のことをさらに好きになっちゃう一冊♪

著:千早茜
¥1,540 (2024/02/21 13:15時点 | Amazon調べ)

『常識にとらわれない100の講義 』森博嗣 / 大和書房

人が生きていくうえで、どれだけの「理屈なき常識」に流されているのか? 「常識を疑わない人は、つまり素直でないからできるのである」「ほとんどの人がそのとおりだという言葉には、商品価値はない」……あなたが本当の「正論」を手にするための一冊!

たくみさん
たくみさん

これは、良質なビジネス書!

著:森博嗣
¥550 (2024/02/21 13:15時点 | Amazon調べ)

『私が食べた本』村田沙耶香 / 朝日新聞出版

小さなころ怖かった古典、過去の嫉妬を思い出す小説、何度も買った作家指南書、そして自身の著書について……デビューから書き続けた「本」にまつわるエッセイを一冊に。新たに5本を追加収録! 芥川賞作家である著者初の書評集。解説・島本理生。

あかりん
あかりん

本好きは全員、読んだらただただ楽しい。「あっこの本私も読んだことある本だ!」みたいな♪

著:村田 沙耶香
¥759 (2024/02/21 13:15時点 | Amazon調べ)

『「思考」を育てる100の講義 』森博嗣 / 大和書房

「遂行というのは、失敗のリカバリィの連続、その積み重ねである」「なにごとも経験、というが、経験は効率が悪すぎる」……「考える」うえで、何を発信し、どう受け止めるのか? 累計1300万部を超える人気作家が説く、思索に「深み」を与えるヒント。

たくみさん
たくみさん

尖った意見をみるのは面白い。天才の裏側がのぞける!

著:森博嗣
¥701 (2023/12/25 21:58時点 | Amazon調べ)

『それいぬ正しい乙女になるために』嶽本野ばら / 文藝春秋

“乙女の聖書(バイブル)”として語り継がれた伝説のエッセイ登場!乙女はみんな根性ワルで、お食事より悪口が好きなもの。品性を保ちつつ、ゴージャスで貴族で孤独であれ……野ばらのエレメントがちりばめられた乙女論は、ロマンチックでお上品でクラシカルで意地悪!映画化された『下妻物語』を正しく理解するための必修教科書的エッセイ。さあ、乙女たちよ、リボンをつけて、Vivienne Westwoodに身を包み、いざ読まん!

あかりん
あかりん

「そういう女の子になる!!」って、影響をすごい受けてた一冊♪

著:嶽本 野ばら
¥407 (2024/05/11 06:41時点 | Amazon調べ)
『それいぬ正しい乙女になるために』はこちらの記事でも紹介してます♪

『本質を見通す100の講義』 森博嗣 / 大和書房

何気なく過ごす中で、物事の大切な本質を見落としていませんか? 遠回りすることで、初めて辿りつける面白さがある。人気ミステリィ作家が贈る「考えて生きる」ための静かで鋭い視点!

たくみさん
たくみさん

3割でも共感できたら、すごい!

著:森博嗣
¥701 (2024/02/21 13:15時点 | Amazon調べ)
タイトルとURLをコピーしました